株式会社慧文社

トップページ
既刊新刊
書評広告
これから出る本
書籍注文
リンク

 
トップページ >> 既刊・新刊 >> IT立国エストニア――バルトの新しい風

IT立国エストニア――バルトの新しい風

IT立国エストニア・書影
書影:クリックで拡大表示

前田陽二/内田道久 著
A5判・上製カバー装 2008年10月刊
定価:2500円+税 ISBN978-4-86330-019-4

北欧の小国エストニアのITに世界が注目!
本邦初の詳細レポート!

いまIT(情報技術)先進国として世界の注目を集める、北欧バルト地方の小国"エストニア"。1991年に旧ソ連から独立して以来、国家政策としてIT推進に力を入れてきた。本書では、世界初の国政選挙インターネット投票、多種多様な公共サービスで活用される国民eIDカード、各種電子政府サービスなど、最先端をゆくエストニアのITを詳述!IT関連事業や行政・公共サービスに携わる方など、これからのITと電子行政を考える上で必携の書!

次世代電子商取引推進協議会(ECOM)推薦図書

著者略歴

前田 陽二(まえだ・ようじ)
次世代電子商取引推進協議会 主席研究員
工学博士

内田 道久(うちだ・みちひさ)
日本ユニシス株式会社
(元・次世代電子商取引推進協議会 主席研究員)

次世代電子商取引推進協議会(ECOM)

電子商取引を広く社会に浸透させていくためには、これまでの様々な制度や取り決めを、順次デジタル社会に対応したものに変更し、全く新しい制度や取り決めを作り出していくことが重要であり、これらは、電子商取引の具体的な展開を担う産業界、すなわち民間主導で進める必要がある。
このような要請に対応し平成8年に電子商取引実証推進協議会を設立し、その後電子商取引推進協議会(平成12年4月〜)を経て現在の次世代電子商取引推進協議会(平成17年4月〜)に至るまで、電子商取引を取り巻く諸課題についての検討や具体策の提言等を続けてきている。
現在約150社が会員として活動に参加し、電子署名・認証技術を中心としたセキュリティ技術、ICタグを用いたトレーサビリティ技術など、電子商取引に係る技術や利用についての調査及び検討を進めている。
http://www.ecom.jp/

目次

1.エストニアの歴史・風土と社会
  歴史と風土/文化/経済・産業/政治体制
2.エストニアのIT戦略
  エストニアIT政策のあゆみ/推進体制/IT利用状況/進行中の主なITプロジェクト
3.エストニアの情報通信基盤
  国のIT相互運用性に関するフレームワーク/エストニアIDカード/
  デジタル署名と公開鍵暗号基盤/X-Road/電子政府アーキテクチャー

4.インターネットによる行政サービス
  行政サービスの概要/市民向けサービス/企業向けサービス/公務員向けサービス/
  新たなサービスの動き

5.エストニアの将来ビジョン
  ビジョン/行動分野と対策

ご注文


Copyright (c)2017 Keibunsha Co. All Rights Reserved.
画像や書誌データは宣伝・紹介等にお使いいただく場合、転載自由です。
E-mail:info@keibunsha.jp