株式会社慧文社

トップページ
新刊・既刊
書評・広告
これから出る本
書籍注文
リンク

 

トップページ >> これから出る本

これから出る本

司法保護事業概説(日本の司法福祉の源流をたずねて 5)

森山武市郎・著 (高橋有紀 解題)

「保護観察所」とは?「保護司」とは何か?どうあるべきか?
戦前日本の司法保護の法的基盤を整え、戦後に築かれた現在の更生保護制度につなげた森山武市郎の集大成ともいうべき名著!罪を犯した者、または罪を犯すおそれがある者を保護するにはどうすればいいのか。司法保護事業法や思想犯保護観察法などを立案した森山が、様々なデータや具体例も示しながら、犯罪少年、触法少年、虞犯少年、起訴猶予者、刑執行猶予者、刑執行停止者、刑執行免除者、仮釈放者、満期釈放者、そして思想犯の保護について詳しく論じる。戦前・戦中の、そして今日の更生保護や司法福祉について論じる際に外せない必須文献!(解題・高橋有紀)

A5判・上製クロス装・函入予価:本体7000円+税 2017年2月21日刊行 ISBN978-4-86330-166-5 C0332 

日本禁酒史(日本禁酒・断酒・排酒運動叢書 1)

藤原 暁三・著

禁酒運動は西洋からの押しつけ?その誤解を糺す!
アルコール入りのお神酒は本来的ではなかった(!)など、驚きの事実とともに、日本古来、脈々と続く禁酒の歴史をひもとく。神話の昔から江戸時代まで、日本人がいかに酒害と闘ってきたか、その真実が数々の資料とともに明らかに。禁酒家、文化史研究家など必携の書!

A5判・上製クロス装・函入 予価:本体6000円+税・2017年1月中旬シリーズ開始!


Copyright (c)2017 Keibunsha Co. All Rights Reserved.
画像や書誌データは宣伝・紹介等にお使いいただく場合、転載自由です。
E-mail:info@keibunsha.jp