株式会社慧文社

トップページ
既刊新刊
書評広告
これから出る本
書籍注文
リンク

 
トップページ >> 既刊・新刊 >> 今若者が危ない性感染症―青少年のための性感染症の基礎知識

増補版 今若者が危ない性感染症 青少年のための性感染症の基礎知識

今若者が危ない性感染症―青少年のための性感染症の基礎知識・書影
書影:クリックで拡大表示

医学博士 石 和久・著
四六判・並製 2016年8月刊行
定価:900円+税
ISBN978-4-86330-172-6 C0047

いま若年層で深刻化!? 正しく知って対策万全!

アナタのそばにも忍び寄る脅威…近年、若年層にまで感染が広がり深刻化している性感染症 (STD)。その実態と危険性、そして予防・対処法などの正しい基礎知識を、青少年とその保護者のために分かりやすく解説。親しみやすいイラスト、グラフィック満載! 医師、保健師、学校教師にも必携!

巻末付録として、明治時代から現在(2016年)までの性感染症関連法令、およびQ&Aを網羅的に収録!

著者略歴

石 和久(いし・かずひさ)
昭和22年 東京生まれ
昭和48年 順天堂大学医学部卒業
医学博士 順天堂大学名誉教授
経歴 順天堂大学浦安病院検査科科長
 同大学院病態解析学教授
 東京歯科大学客員教授
 日本臨床検査医学会理事 専門医
 日本病理学会評議員 専門医
 日本臨床細胞学会評議員 編集委員 専門医
 日本性感染症学会 評議員

目次

はじめに
I. 性感染症とは

1. 性感染症とは
 a. どのような病気なのだろう?
 b. 病原体、感染症とは何だろう?
 c. 性感染症の問題点は何だろう?
2. 性感染症の歴史
3. 性感染症の最近の動向は?
4. 性感染症の中で多いものは?
 a. 各種性感染症の年齢別罹患率
5. 若者に見られる性感染症の流行
6. 風俗に勤める女性と性感染症
 a. 男性性感染症症例の感染源は?
II. 性感染症の予防
1. 性教育を始めよう
2. 性教育の必要性
3. 性感染症にかかったら
4. 性感染症の検査
III. 様々な性感染症
1. 淋菌
2. クラミジア・トラコマティス
3. 梅毒
4. 性器ヘルペス
5. 肝炎
 a. A型肝炎ウィルス(HAV)
 b. B型肝炎ウィルス(HBV)
 c. C型肝炎ウィルス(HCV)
 d. その他の肝炎ウィルス
6. 性器カンジダ
7. 軟性下疳
8. トリコモナス感染症
7. 毛じらみ
8. かいせん(疥癬)
9. ヒトパピローマウィルス
10. HIV感染症
IV. 性感染症とがん
1. 肝炎ウィルスと肝がん
2. ヒトパピローマウィルスと子宮頸がん
 a. 現在の子宮頸がん検診の問題点
 b. 細胞診はどういう時にうけるの?
 c. 細胞診の判定
 d. これからの子宮がん検診
おわりに
付録 法令集(明治〜2016年)およびQ&A

※本書の内容は、青少年の性行為をむやみに推奨するものではありません。

ご注文


Copyright (c)2017 Keibunsha Co. All Rights Reserved.
画像や書誌データは宣伝・紹介等にお使いいただく場合、転載自由です。
E-mail:info@keibunsha.jp