株式会社慧文社

トップページ
既刊新刊
書評広告
これから出る本
書籍注文
リンク

 
トップページ >> 既刊・新刊 >> マイ・フェア・レディーズ バーナード・ショーの飼い慣らされないヒロインたち

マイ・フェア・レディーズ バーナード・ショーの飼い慣らされないヒロインたち

マイ・フェア・レディーズ・書影
書影:クリックで拡大表示

大江麻里子 著
A5判・上製・172ページ
定価:2500円+税 ISBN978-4-905849-24-7

愛すべきじゃじゃ馬娘たち!

『マイ・フェア・レディー』の原作者として知られるバーナード・ショー(George Bernard Shaw)。彼の演劇作品に登場する、闊達で機知に富み、しばしば「女らしくない女」と評されるヒロインたちの分析を通じて、ショーの理想とした男女関係や社会のあり方を探る。英文学研究者・演劇研究者必携!

著者略歴

大江 麻里子(おおえ・まりこ)
神戸女学院大学文学部英文学科卒業
英国エセックス大学大学院文学研究科演劇専攻修士課程修了
神戸女学院大学大学院文学研究科英文学専攻博士後期課程修了
現 在  神戸女学院大学文学部英文学科講師・博士(文学)
日本演劇協会会員
日本バーナード・ショー協会会員
日本シェイクスピア協会会員
日本英文学会会員
文学研究と同時に、演劇作品の翻訳・演出も手がける。

目次

序 章: ショーの女性観と伝統的演劇形式
第一章:『ウォレン夫人の職業』 ウェルメイド・プレイと「新しい女」
第二章:『バーバラ少佐』 メロドラマと救世軍少佐 
第三章:『ピグマリオン』ロマンチック・コメデイと階級を上る女性
第四章:『傷心の家』 笑劇と結婚の意義について考える女性
第五章:『聖女ジャンヌ・ダーク』 歴史劇とカリスマ的女性
結 論: 伝統と変革

ご注文


Copyright (c)2017 Keibunsha Co. All Rights Reserved.
画像や書誌データは宣伝・紹介等にお使いいただく場合、転載自由です。
E-mail:info@keibunsha.jp