株式会社慧文社

トップページ
既刊新刊
書評広告
これから出る本
書籍注文
リンク

 
トップページ >> 既刊・新刊 >> 医薬品企業の経営戦略 企業倫理による企業成長と大型合併による企業成長

医薬品企業の経営戦略 企業倫理による企業成長と大型合併による企業成長

「医薬品企業の経営戦略」書影
書影:クリックで拡大表示

宮重徹也 著
A5判・上製・152ページ
定価:2000円+税 ISBN978-4-905849-26-1

成長力の源泉は「倫理」にあった!

企業成長を目指して世界的な大型合併を繰り返す医薬品企業。しかし、成長力の真の源泉は患者さんの生命を助けたいという強い思いだった! 多数のデータを駆使して医薬品産業の現状を分析し、これからの同産業がいかにあるべきかを問う。医薬品メーカー関係者、医療関係者、経営学者等必携の書!

実践経営学会・学術奨励賞を受賞
好評につき増刷出来!(2008年2月20日)

著者略歴

宮重徹也(みやしげ・てつや)
愛媛県今治市生まれ
広島商船高等専門学校流通情報工学科卒業
信州大学経済学部経済学科卒業
萬有製薬株式会社に勤務
富山商船高等専門学校国際流通学科助手
富山大学大学院経済学研究科(修士課程)修了
現在 富山商船高等専門学校国際流通学科助手

目次

第1章 序 論
第2章 医薬品企業の理論的企業成長プロセス
第3章 医薬品産業における大型合併と企業成長
第4章 合併しない医薬品企業の企業成長モデル
       ―企業倫理の実践による企業成長―
第5章 合併による医薬品企業の企業成長モデル
       ―大型新薬の獲得による企業成長―
第6章 結論と課題

ご注文


Copyright (c)2017 Keibunsha Co. All Rights Reserved.
画像や書誌データは宣伝・紹介等にお使いいただく場合、転載自由です。
E-mail:info@keibunsha.jp