株式会社慧文社

トップページ
既刊新刊
書評広告
これから出る本
書籍注文
リンク

 
トップページ >> 既刊・新刊 >> 人口データの蓄積と分析

人口データの蓄積と分析

人口データの蓄積と分析(常盤洋一)・書影
書影:クリックで拡大表示

常盤洋一 著
A5判・上製・186ページ
定価:2500円+税 ISBN978-4-905849-35-3

「人口」を学ぶための最適で画期的な入門書!

人口とは何か?どのように計測するのか?・・・等々、人口研究の一連の流れを体系的に詳述した、最適で画期的な入門書

著者略歴

常盤洋一(ときわ・よういち)
1954年 北海道室蘭市に生まれる
1979年 東京工業大学工学部卒業
1985年 東京工業大学大学院理工学研究科博士課程修了
1987年 東京大学教養学部助手
現  在  佐賀大学経済学部助教授 工学博士

目次

1.人口統計
 1−1.人の数え方
 1−2.統計調査
 1−3.国勢調査報告の分析

2.一般のデータベース
 2−1.テーブルとスキーマ
 2−2.データモデル
 2−3.リレーショナルモデル
 2−4.意味データモデル

3.統計データベース
 3−1.統計データベースの特質
 3−2.データ辞書システム
 3−3.SDM4Sによる統計データベースの実現

4.記述統計と指標化・類型化
 4−1.度数分布とヒストグラム
 4−2.基本統計量
 4−3.2変数の関係
 4−4.分布の指標化
 4−5.分布の類型化
 4−6.佐賀県における通勤流動化の
                       事例分析
5.トレンドモデル
 5−1.線形成長モデルと単回帰分析
 5−2.指数成長モデル
 5−3.ロジスティック成長モデル
 5−4.ゴンペルツ成長モデル
      補遺

6.コウホート生存モデル
 6−1.人口ピラミッド
 6−2.行列の基礎
 6−3.コウホート生存モデル

7.人口移動モデル
 7−1.重回帰分析
 7−2.賃金差・就業機会差による移動モデル
 7−3.引力モデル
 7−4.佐賀県における近接性行列の分析
 7−5.機会モデル
      補遺

8.経済と人口のモデル
 8−1.経済基礎モデル
 8−2.Economic Base
 8−3.Mover Pool
      補遺

参考文献

ご注文


Copyright (c)2017 Keibunsha Co. All Rights Reserved.
画像や書誌データは宣伝・紹介等にお使いいただく場合、転載自由です。
E-mail:info@keibunsha.jp