株式会社慧文社

トップページ
既刊新刊
書評広告
これから出る本
書籍注文
リンク

 
トップページ >> 既刊・新刊 >> 母の禁じ給いし歌

母の禁じ給いし歌

「母の禁じ給いし歌」(小澤亜都子)・書影
書影:クリックで拡大表示

小澤亜都子 著
四六判・上製
定価:1800円+税 ISBN978-4-905849-59-9

男女と家族の様々な「かたち」
女性らしい細やかな情感で、現代の「男女関係」や「家族」のあり方を描いた短編小説集!

ひとつの歌を巡る時の流れが親子の情に儚い余韻を残す「母の禁じ給いし歌」。殺人を犯してしまった少年が周りの支えで立ち直っていく様を追った「雨の範囲」。鬱屈した嫁の狂気とそれを見つめる父のまなざしが淡々と描かれる「夏の陽炎」。過去にとらわれながらも前向きに生きる登場人物たちが織りなす、男女の心の機微や家族の絆を独自の観察眼で描いた全13編を収録! 失ったものへの哀感が深い味わいと共に滲み出る、珠玉の短編小説集。

推薦の辞

小澤さんは男と女の、親と子の、せつなくて時に滑稽な〈生〉の光景を見事にとらえてみせた。虚構(フィクション)のもつ力だろう。
(高橋昌男)

目次

花冷えの宵の日
雨の範囲
母の禁じ給いし歌
夏の情景
夏の陽炎
しまい花火
朝の別れ
秋の音
日暮れぬうちに
悲嘆の香り
かたすみの秋
黒田夫人狂想曲
嘆きのパブロ
あとがきにかえて

ご注文


Copyright (c)2017 Keibunsha Co. All Rights Reserved.
画像や書誌データは宣伝・紹介等にお使いいただく場合、転載自由です。
E-mail:info@keibunsha.jp