株式会社慧文社

トップページ
既刊新刊
書評広告
これから出る本
書籍注文
リンク

 

雨 後

「雨後」(三宅正太郎)・書影
書影:クリックで拡大表示

三宅正太郎 著
A5判・上製・クロス装・函入
定価:7000円+税 2007年3月刊
ISBN978-4-905849-61-2

名裁判官・三宅正太郎、戦後の絶筆!

終戦後に書かれ、死の前年刊行された三宅正太郎の絶筆! 戦没者の霊が慰められないかぎり真の平和は日本を訪れない、と死者への深い哀悼の気持ち明らかにした「鐘」、公設育児院の必要性をいちはやく説いた「赤ン坊殺し」、音楽や芝居への深い造詣を垣間見せる「邦楽論議」「人間への魅力」など、法律問題のみならず、社会、文化、時事問題などについて、永い裁判官の経験により培われた人間知と流麗な文章によって書かれた傑作随筆集。 (新訂版)

名  著  復  刊 !

三宅正太郎著作シリーズ 全6巻完結

著者略歴

三宅正太郎(みやけ・しょうたろう)
明治二十年東京都生まれ。明治四十四年東大独法科卒業、大正二年判事となり、司法省参事官兼外務書記官、司法大臣官房秘書課長、大審院判事、札幌、長崎控訴院長を経て、昭和十五年司法次官、同十六年大審院部長、同二十年大阪控訴院長、同二十一年退職のち、弁護士、国会議員。昭和二十四年逝去。著書 『裁判の書』『法官餘談』『嘘の行方』『わが随筆』等。

目次

姑に呈す
妻と財産
金貨

涙の味
夫性と父性
法令と国語
戸籍はどうなる
われ等なにをなすべきか
姦通罪の存置は有名無実
赤ン坊殺し
新憲法に望むこと
戦争未亡人に寄する書
母よ賢かれ
未亡人よ、再婚せよ
私は迷う
彼女の貞操
おんな
娘を語る
オランダ塀
推薦の言葉
わが母
梅玉の顔
邦楽論議
人間への魅力
神様も御退屈
新派でない芝居
三越劇場に
圧巻の寺小屋
毛剃
五十年前

ご注文


Copyright (c)2017 Keibunsha Co. All Rights Reserved.
画像や書誌データは宣伝・紹介等にお使いいただく場合、転載自由です。
E-mail:info@keibunsha.jp