株式会社慧文社

トップページ
既刊新刊
書評広告
これから出る本
書籍注文
リンク

 

わが随筆

わが随筆(三宅正太郎)・書影
書影:クリックで拡大表示

三宅正太郎 著
A5判・上製・クロス装・函入
定価:7000円+税 2007年3月刊
ISBN978-4-905849-62-9

透徹した観察力によって人間万般を深く考察した随筆集!

英国で起こった十四歳の少年の退学事件に鋭い法的、倫理的考察を加える「アーチャー・シー事件」、「神与え、神取り給う」というキリスト教の教えに己の理想の人生を照らし合わせる「ヨブのコトバ」、法廷と演劇との類似点を興味深く考察した「法廷と劇と」など、文人三宅正太郎の面目を遺憾なく発揮した随筆集。 (新訂版)

名  著  復  刊 !

三宅正太郎著作シリーズ 全6巻完結

著者略歴

三宅正太郎(みやけまさたろう)
明治二十年東京都生まれ。明治四十四年東大独法科卒業、大正二年判事となり、司法省参事官兼外務書記官、司法大臣官房秘書課長、大審院判事、札幌、長崎控訴院長を経て、昭和十五年司法次官、同十六年大審院部長、同二十年大阪控訴院長、同二十一年退職のち、弁護士、国会議員。昭和二十四年逝去。著書 『裁判の書』『法官餘談』『嘘の行方』『雨後』等。

目次

小鳥
若き頃
オプラート
私語
アーチャー・シー事件
覚悟
牡丹
忠孝長崎
交通地獄
ことば
阿部章蔵君のいましめ
世阿弥
団菊祭
政治への信仰
新春雑筆
鍛錬なき知識
『路傍の石』
色紙三題
判例七話
 一、夫
 二、親
 三、教師
 四、善良風俗
 五、赤インキの粉
 六、娼妓
 七、役人
裁判小話
 一、実子を養子にした話
 二、小作人仙吉の話
 三、大盗にされた小盗の話
 四、警部補と腫物の話
 五、不貞の母を救った子の話
 六、ある親子心中の話
ヨブのコトバ
横田千之助氏の或る印象
報告
家庭の平和
偶成
経と褌
たのむの実録
或る素材
夢枕
額の裏
法廷と劇と
酌婦
一死刑囚の手記

ご注文


Copyright (c)2017 Keibunsha Co. All Rights Reserved.
画像や書誌データは宣伝・紹介等にお使いいただく場合、転載自由です。
E-mail:info@keibunsha.jp