株式会社慧文社

トップページ
既刊新刊
書評広告
これから出る本
書籍注文
リンク

 
トップページ >> 既刊・新刊 >> 戦中戦後の出版と桜井書店 作家からの手紙・企業整備・GHQ検閲

戦中戦後の出版と桜井書店 作家からの手紙・企業整備・GHQ検閲

戦中戦後の出版と桜井書店・書影
書影:クリックで拡大表示

山口邦子 著
四六判・並製カバー装・290頁
定価:本体2000円+税 ISBN978-4-905849-72-8

激動の時代に輝いた或る出版社の記録!

尾崎士郎、室生犀星、田中英光、三島由紀夫らの、数々の名著を刊行した桜井書店。紙不足、企業整備、検閲など、時代の荒波にもまれながらも、作家たちとの交流を大切にし、出版人としての「志」を終生失わなかった店主・桜井均の人生を愛娘が振り返る。作家からの書簡、検閲提出簿、桜井均自身による思い出話など、貴重な資料を随所に織り込む。文筆家、文学研究者、出版人など、書籍に関わる全ての人に必携の書!

2007年5月20日、「毎日新聞」朝刊に書評掲載!

娘からみた父、桜井均と戦中戦後の出版事情
本に関わる全ての人必携!
有名文人の書簡等、資料豊富!
一世を風靡した文芸出版社の記録!

目次

第一章 作家からの手紙と
         戦中戦後の出版

(T)桜井書店創業の頃
 1・三好十郎
 2・尾崎士郎
 3・太宰治と田中英光
(U)戦乱の中で
 1・ミッドウエイでの敗北
 2・出版企業整備
 3・企業整備と桜井書店
 4・戦中期の検閲と出版許可
 5・田中英光の戦時中の生活
 6・文学報国会と田中英光
 7・田中英光と家族の疎開
 8・桜井書店の焼失被害
(V)敗戦
 1・尾崎士郎の戦後
 2・戦後の田中英光
 3・三島由紀夫からの葉書
(W)戦後の出版・GHQの検閲
 1・桜井書店の「検閲提出簿」
 2・検閲の結果
 3・検閲の内容
 4・検閲への対策と処理
 5・出版用紙の問題
  第二章 桜井書店主・桜井均

(T)桜井均の思い出ばなし
 1・春江堂で働いていた頃
 2・関東大震災
 3・独立
 4・桜井書店の出発と三好十郎
 5・宇野浩二
 6・太宰治と田中英光
 7・用紙割当てから企業整備へ
 8・戦火被害と出版
 9・GHQと戦後の出版
 10・装丁画
(U)父・桜井均
   人付き合い
   父の部屋
   長谷川利行のこと
   返本
   児童文学書の装丁
   少年のための純文学選
   こども会文庫/文化座と父
   個人会社であること
   出版をする意味
   出版業からの引退

ご注文


Copyright (c)2017 Keibunsha Co. All Rights Reserved.
画像や書誌データは宣伝・紹介等にお使いいただく場合、転載自由です。
E-mail:info@keibunsha.jp