株式会社慧文社

トップページ
既刊新刊
書評広告
これから出る本
書籍注文
リンク

 
トップページ >> 既刊・新刊 >> 桐野利秋遺稿

桐野利秋遺稿

桐野利秋遺稿(川崎久敏)・書影
書影:クリックで拡大表示

川崎久敏(編)/桐野利秋(述)/
中川九郎・中村俊次郎(筆記)
A5判・上製函入・クロス装
定価:5000円+税
ISBN978-4-905849-82-7

幕末・明治史に必携!維新の雄の談話録

西郷隆盛の腹心にして維新の志士、その剛胆勇猛さから「人斬り半次郎」の異名で知られる桐野利秋の口述を筆記した、貴重な談話録。のちに維新の一大事件・西南戦争につながる「征韓論」論争に対する見解などを、ありありと伝える。西郷隆盛、大久保利通など、関係する維新志士の略伝も収載。幕末・明治史に必携の史料!

桐野利秋(きりの・としあき)

幕末の薩摩藩士、明治初期の軍人(1838-1877)。初め中村半次郎と称し、明治になってから旧姓に戻り桐野利秋と称した。西郷隆盛の腹心として、討幕運動、戊辰戦争等で活躍する。明治政府では陸軍少将を務めたが、「征韓論」論争の決裂後、西郷らとともに下野。のちに西南戦争に薩軍の四番大隊指揮長兼総司令として参戦し、戦死する。その剛胆勇猛さから「人斬り半次郎」の異名で知られる。

目次

口絵 桐野利秋面影、本書原稿の一部
石光真臣中将書簡
桐野利秋遺稿
  征韓論と其本末
  十月十四日の会議
  討湾一件記聞
  憂国の至情
関係偉人略伝
(桐野利秋/西郷隆盛/三条実美/岩倉具視/副島種臣/江藤新平/板垣退助/後藤象二郎/木戸孝允/樺山資紀/大隈重信/黒田清隆/榎本武揚/大久保利通/島津久光/奈良原繁/海江田信義)

ご注文


Copyright (c)2017 Keibunsha Co. All Rights Reserved.
画像や書誌データは宣伝・紹介等にお使いいただく場合、転載自由です。
E-mail:info@keibunsha.jp