株式会社慧文社

トップページ
既刊新刊
書評広告
これから出る本
書籍注文
リンク

 

蓑田胸喜著作集1 国防哲学

国防哲学(蓑田胸喜著)・書影
書影:クリックで拡大表示

蓑田胸喜 著
慧文社史料室 編
A5判・上製クロス装・函入
定価:7000円+税
2007年11月刊 ISBN978-4-905849-89-6

「胸喜」か「狂気」か!?異端の思想家・蓑田胸喜の主要著作を網羅した著作集、ついに刊行開始!

政治史・思想史上の大きな存在性ゆえに、また緻密な論理性と尖鋭的・戦闘的姿勢の相まった特異な思想から、保守思想の極北として近年再注目されはじめた異端の思想家、蓑田胸喜。内外の「国家・国防・経済体制」に関する諸思想を辛辣に批評しつつ、「国防の原理」を論鋒鋭く論じた、思想的精粋ともいうべき書。( 改訂新版)

著者略歴

蓑田 胸喜(みのだ・むねき  1894-1946)
思想家。明治27年(1894)熊本県八代郡に生まれる。東京帝国大学文学部宗教学科卒業後、慶應義塾大学、旧国士舘専門学校で教鞭を執る。大正14年(1925)「原理日本社」を創立、その主宰となる。天皇機関説に異を唱え、共産主義に反対する言論を展開した。終戦後の昭和21年(1946)に自殺。

目次

第一章 国防哲学の原理
 
一、世界観認識論と政治国防哲学
 二、ルーデンドルフの総力戦論批判
 三、日本国防哲学の原理

第二章 高度政治力と総合文化政策
 
一、政治的形成力と文化的創造力
 二、大政翼賛の政治原理と官界新体制
 三、高度精神力と総合文化政策
 四、現代俊傑の学としての精神科学

第三章 人間性の心理と哲理
 一、あるがままの自然と人生
 二、人間性の根源的反省―宗教心理学
 三、政治道徳と経済の問題
 四、公益・私益・創造・名誉の心理学
第四章 経済の不易原理と新体制
 一、ドイツの戦時指導経済の根本観念
 二、レーニンの共産主義実験失敗告白
 三、制度組織と思想精神との問題
 四、我が国統制経済実験についての根本的反省
 五、経済学の根本問題と心理学
 六、日本国体・帝国憲法と私有財産制度
 七、私有財産制度否認論について
 八、石川興二氏のマルクス主義讃美論
 九、経済の論理と倫理の論理

第五章 政治道徳と至高文化価値
 
一、諸文化価値の序列体系
 二、高度政治力・高度文化力・高度経済力
 三、科学技術新体制と国防哲学
 四、芸術的創造精神と総力戦体制

蓑田胸喜著作集

★今後の予定ラインナップ
4 国家と大学
5 著作・論文拾遺 収載内容:日本精神と科学精神/日本世界観:世界精神史/ナチス思想批判…他

最新情報はシリーズ・全集ラインナップ一覧をご確認下さい。
※定価・巻数・およびラインナップには、変更が生じる場合があります。何卒ご了承下さい。

ご注文


Copyright (c)2017 Keibunsha Co. All Rights Reserved.
画像や書誌データは宣伝・紹介等にお使いいただく場合、転載自由です。
E-mail:info@keibunsha.jp