株式会社慧文社

トップページ
既刊新刊
書評広告
これから出る本
書籍注文
リンク

 
トップページ >> 既刊・新刊 >> 北米で読み解く近代日本文学―東西比較文化のこころみ―

北米で読み解く近代日本文学―東西比較文化のこころみ―

北米で読み解く近代日本文学―東西比較文化のこころみ・書影
書影:クリックで拡大表示

萩原孝雄 著
A5判・上製カバー装・408頁
定価:4000円+税
ISBN978-4-905849-91-9

森鴎外から宮崎駿まで――
日本文学に通底する「子宮の感性」を説き明かす!

北米の大学で日本文学の教鞭をとる著者が、海外から見た日本文学という独特の視座で、「子宮の感性」に貫かれた日本文学・文化の特色を描き出す!近・現代文化論に必携!

著者略歴

萩原孝雄(はぎわら・たかお)
1947年生まれ。上智大学英文科卒。ブリティッシュ・コロンビア大学、博士課程修了(近代日本文学)。フロリダ大学、スミス大学をへて現在、ケイス・ウエスタン・リザーブ大学準教授(Associate Professor)。編著書に、『宮沢賢治―イノセンスの文学』(明治書院)、『日本の母―崩壊と再生』(平川祐弘との共編)(新曜社)、『近代日本文学の特質―子宮の(脱)形而上学をめぐって』(煥乎堂)。

目次

まえがき
第一章 森鴎外
森鴎外における西洋と日本―子宮の感性をめぐって
第二章 夏目漱石 
北米における『こころ』の評価
第三章 川端康成
英語圏における『雪国』の評価
第四章 谷崎潤一郎
二人の「プレイボーイ」あるいは好色者(すきもの)のこと―『瘋癲老人日記』と『山の音』を比較して
第五章 志賀直哉
一、日加文学における人と自然―『暗夜行路』とシンクレア・ロスの『われとわが家にかかわりては』の比較
二、北米で『暗夜行路』はいかに読まれてきたか
第六章 三島由紀夫
三島由紀夫―その人と自然、宮沢賢治と比較して
第七章 宮沢賢治
児童文学における西洋と日本
第八章 遠藤周作 
東西文化の接点―遠藤文学における愛(アガペー)とエロス、石鹸のイメージをめぐって
第九章 宮崎駿
宮崎アニメとポップカルチャー―『もののけ姫』その他をめぐって
付論一 鈴木大拙とアメリカ精神―桜とノーズ・アートのアニミズム
付論二 西田幾多郎とナショナリズム
付論三 パウンド、エイゼンシュタイン、ベンヤミン、芭蕉―俳句、モンタージュ、弁証法
あとがき
初出一覧
索引

ご注文


Copyright (c)2017 Keibunsha Co. All Rights Reserved.
画像や書誌データは宣伝・紹介等にお使いいただく場合、転載自由です。
E-mail:info@keibunsha.jp