株式会社慧文社

トップページ
既刊新刊
書評広告
これから出る本
書籍注文
リンク

 
トップページ >> 既刊・新刊 >> 鉄道脱線事故シリーズ >> ドイツ高速鉄道脱線事故の真相

ドイツ高速鉄道脱線事故の真相 技術者の責任論から

ドイツ高速鉄道脱線事故の真相・書影
書影:クリックで拡大表示

平川賢爾 著
A5判・上製・188ページ 2007年6月刊
定価:4000円+税 ISBN978-4-905849-42-1

技術者の責任とは?
   「ものづくり」の本質を問う!

1998年6月、101人の死者と105人の負傷者をもたらす大惨事となったドイツの列車事故。その鉄道技術者の責任を問うドイツの刑事裁判において、斯界の権威、専門鑑定人として出廷し、証言をした著者がこの事故の真相を金属疲労や破壊力学等、様々な角度から追究する。鉄道技術者のみならず機械・構造物の設計開発・保守点検等に携わる技術者や機械工学を学ぶ学生必携の書!〈専門理工書・図版多数〉

姉妹書『英国高速鉄道ハットフィールド脱線事故の真相』『ドイツ高速鉄道ICE-3ケルン脱線事故』絶賛発売中!

著者略歴

平川 賢爾 (Kenji Hirakawa)
専門分野:材料強度学、材料損傷学、材料力学
著書:機械材料学(朝倉書店)ほか
所属学会:日本機械学会、日本材料学会、米国機会学会、日本鉄道技術協会、日本工学教育協会

学歴・職歴:
 1961-3:京都大学工学部航空工学科卒業
 1963-3:京都大学大学院工学研究科航空工学専攻修士課程修了
 1993-4:住友金属工業株式会社入社
 1976:工学博士(京都大学)
 1984:中央技術研究所研究企画部長
 1988:波崎研究センター長
 1990:研究開発本部副本部長 兼HQL研究所長
 1992:上席研究主幹
 1994-8:九州大学教授(工学部)、九州大学大学院工学研究科指導教官
 1994-9:文部省在外研究員(欧米に於ける理工学教育に関する調査研究)
 1996-3:文部省在外研究員(工学教育の相互承認に関するWashington Accord 会議)
 1999-4 九州職業能力開発大学校 校長 
 2003-1:ドイツ鉄道事故調査専門鑑定人

受賞
 1969:日本機械学会論文賞
 1982:米国機械学会論文賞
 1986:科学技術庁長官注目発明賞
 1991:科学技術庁長官研究功績者賞
 1998:日本機械学会技術功績者賞
 1999:日本機械学会材料力学部門研究功績者賞

目次

第一章 まえがき
第二章 ICE脱線事故の概要
第三章 ゴム弾性車輪の導入の歴史
第四章 技術者の責任
第五章 LBFレポート(応用解析と疲労強度評価)
第六章 諸外国の専門鑑定人の応力解析
第七章 疲労損傷値による強度評価
第八章 フレッティング疲労
第九章 ゴム弾性車輪の疲労強度
第十章 破壊力学による研究
第十一章 超音波探傷
第十二章 車輪タイヤの破壊原因
第十三章 結審

ご注文


Copyright (c)2017 Keibunsha Co. All Rights Reserved.
画像や書誌データは宣伝・紹介等にお使いいただく場合、転載自由です。
E-mail:info@keibunsha.jp