株式会社慧文社

トップページ
既刊新刊
書評広告
これから出る本
書籍注文
リンク

 
トップページ >> 既刊・新刊 >> 昔話のプロファイリング 2 ―無常の世界の語り部たち

昔話のプロファイリング2―無常の世界の語り部たち

昔話のプロファイリング2・書影
書影:クリックで拡大表示

木村桂子 著
挿絵・挿画 凰媛
四六判・並製・カバー装・240ページ 2010年8月刊
定価:2000円+税 ISBN978-4-86330-041-5

人の世は常ならず―だからこそ幸福

昔も今も、人の世は常ならず。人生の様々な局面で「無常」に直面した時、困難を乗り越えて前向きに生きるすべとして、「語り部」たちが昔話に込めて伝えんとした人生智とは? 「昔話=古き良き時代の素朴な作り話」という先入観を覆す鋭く斬新な洞察で、幾重もの比喩の奥に秘められた昔話の現代的メッセージを読み解く! 味わい深い挿絵とともに、いま新たな昔話の世界が蘇る!

人気シリーズ『昔話のプロファイリング』『昔話のプロファイリン グ3』好評続編!

著者略歴

木村桂子(きむら・けいこ)
児童文学作家。絵の号は凰媛(おうえん)。
1947年東京生まれ。
大阪大学大学院工学研究科・修士課程修了。
「お話あそび研究会」代表。
文芸投稿誌『きぼっこ』主宰。
著書『昔話のプロファイリング
   ―語り部の肖像を推理する』(慧文社)
『泣くなあほマーク』(ひくまの出版)
『ワーム・ホールの夏休み』(評論社)
『現代昔話集』(文芸社)他。

目次

はじめに

第一の無常  教育
助けのお札こ―岩手県北上市の昔話
「三枚の護符」の語り部の証言

第二の無常  食
七つの茄子―鹿児島県大島郡喜界島の
昔話「旅人馬」の語り部の証言

第三の無常  地域
アンタッチャブル!―山形県最上郡の昔話「河童の文使い」の語り部の証言

第四の無常  嫁と姑
毒と米の粉―島根県仁多郡の昔話
「姑の毒殺」の語り部の証言

第五の無常  単身赴任
どっこい十両―鹿児島県薩摩郡の昔話
「話千両」の語り部の証言

第六の無常  再婚
おいぬのまつげ―岩手県紫波郡の昔話
「右衛門太郎と左衛門太郎」の語り部の証言
第七の無常  資 源
鮭の大助、今のぼる!―山形県最上郡の昔話
「簗掛け八右衛門と鮭の大助」の語り部の証言

第八の無常  冤 罪
助けて仇なす―鹿児島県薩摩郡の昔話
「人間無情」の語り部の証言

第九の無常  運 命
百貫のかたに編み笠―兵庫県美方郡の昔話
「生れ子の運」の語り部の証言

第十の無常  都市の再生
こんび投資会社―岩手県稗貫郡(現・花巻市)の昔話「こんび太郎」の語り部の証言

第十一の無常  一所懸命
善のオーラ―新潟県五泉市の昔話
「後生を買う」の語り部の証言

第十二の無常  若返り
粟種の湯―鹿児島県沖永良部島の昔話
「猿長者(大歳の客)」の語り部の証言

おわりに

ご注文


Copyright (c)2017 Keibunsha Co. All Rights Reserved.
画像や書誌データは宣伝・紹介等にお使いいただく場合、転載自由です。
E-mail:info@keibunsha.jp