株式会社慧文社

トップページ
既刊新刊
書評広告
これから出る本
書籍注文
リンク

 
トップページ >> 既刊・新刊 >> 昔話のプロファイリング 1 ―語り部の肖像を推理する

昔話のプロファイリング―語り部の肖像を推理する

昔話のプロファイリング・書影
書影:クリックで拡大表示

木村桂子 著
挿絵・挿画 小池りとな
四六判・並製・カバー装・220ページ 2006年8月刊
定価:2000円+税 ISBN978-4-905849-51-3

昔話に隠された「大人の世界」

時代を超えて語り継がれてきた昔話。それは単に「古き良き時代の素朴な作り話」ではなく、「語り部」たちの卓越した人生智が散りばめられた「おとなの世界」であった。推理小説を思わせる鋭敏な切り口で、幾重もの比喩の奥に秘められた昔話の「語り部」の肖像に迫る! 味わい深い挿絵と共に、今鮮やかによみがえる昔話の世界!

人気シリーズ『昔話のプロファイリング2』『昔話のプロファイリン グ3』好評続編!

著者略歴

木村桂子(きむら・けいこ)
東京生まれ。
大阪大学大学院工学研究科・修士課程修了。
児童文学作家。文芸投稿誌『きぼっこ』主宰。
ストーリーテリング「お話あそび研究会」代表。
著書『泣くなあほマーク』(ひくまの出版)
『屋根の上のゆうれい』(ひくまの出版)
『ワームホールの夏休み』(評論社)他。

目次

はじめに(PDF

第一の肖像
夢の買い方
―新潟県見附市の昔話「佐渡の白椿」の語り部を推理する

第二の肖像
かぶ焼き出世組合
―岩手県上閉伊郡の昔話
「かぶ焼き甚四郎」の語り部を推理する


第三の肖像
ふたりの七兵衛
―岩手県上閉伊郡の昔話
「骸骨の歌」の語り部を推理する


第四の肖像
猿婿と呼ばれた男
―熊本県阿蘇郡の昔話
「猿の婿どの」の語り部を推理する


第五の肖像

たにしを夫にした娘
―岩手県上閉伊郡の昔話
「たにし長者」の語り部を推理する


第六の肖像
黄金の男・まみちがね
―鹿児島県大島郡の
昔話「灰坊」の語り部を推理する
第七の肖像
背が低くなる宝下駄
―岡山市の昔話「宝下駄」の語り部を推理す
    
第八の肖像
妻と夫の月夜
―新潟県佐渡郡の昔話「月の夜ざらし」の語り部を推理する

第九の肖像
立て縞に横縞の継ぎ
―熊本県山鹿市の昔話「雉も鳴かずば」の語り部を推理する
 
第十の肖像
うそつき やそ八
―岩手県上閉伊郡の昔話「馬喰やそ八(前半)」の語り部を推理する

第十一の肖像
悪人 やそ八
―岩手県上閉伊郡の昔話「馬喰やそ八(後半)」の語り部を推理する

第十二の肖像
年の晩のしゃぐま老人
―香川県仲多度郡の昔話「貧乏神」の語り部を推理する 

おわりに

ご注文

本書内容一部

昔話のプロファイリング・一部抜粋 →PDF:『 昔話のプロファイリング』なかみ見本(「はじめに」より)(160kb)


Copyright (c)2017 Keibunsha Co. All Rights Reserved.
画像や書誌データは宣伝・紹介等にお使いいただく場合、転載自由です。
E-mail:info@keibunsha.jp