株式会社慧文社

トップページ
既刊新刊
書評広告
これから出る本
書籍注文
リンク

 
トップページ >> 既刊・新刊 >>六カ国語共通のことわざ集

日本語・英語・フランス語・ドイツ語・イタリア語・スペイン語対照
六カ国語共通のことわざ集

六カ国語共通のことわざ集書影:クリックで拡大表示

活用自在のレファレンスブック

張福武・著
A5判・上製クロス装・函入
定価:5000円+税 2015年7月刊行・224ページ ISBN978-4-86330-072-9 C0081

6カ国で意味が共通の諺・慣用句を集めました!

日本語、英語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、スペイン語の6カ国語で意味の共通する約300の「諺」・「慣用句」を集めて、それぞれ原文を掲載・対比させ、ひとつひとつにわかりやすい解説を付けました。各言語を学ぶ方はもちろん、国際的業務に携わる方、留学生等にも必携! 楽しく読めてためになる、活用自在、レファレンスブック!諺・慣用句を通して各国の歴史・文化も学べます。

著者略歴

張 福武チャン・アルバート) Albert F. Chang
1934 年 台湾、屏東県、里港郷生まれ。
1957 年 台湾大学卒業。
1960 年 渡米、ヒューストン大学、カリフォルニア工科大学、南カリフォルニア大学等で、修士及び博士号取得。
1964 年よりカリフォルニア工科大学電子計算機センター及びジェット推進研究所(JPL)勤務。
1991 年から1995 年まで、米国航空宇宙局(NASA)、宇宙オペレーション本部の代表として、日本筑波宇宙センターに駐在勤務。
1995 年から2006 年3 月まで、JPL のTelecommunication & Mission Systems Manager として勤務。JPL 深宇宙ネットワークの日本のミッション支援を担当。
2006 年4 月1 日引退。

著書に『日本語・台湾語・英語・中国語対照 四ヵ国語共通のことわざ集』(2005年)、『日本語・台湾語・英語・中国語・韓国語対照 五カ国語共通のことわざ辞典』(2007年)がある。(共に弊社刊)

目次

1. はじめに
2. 六カ国語共通の諺
3. キーワードインデックス
  3.1 日本語(アイウエオ順)
  3.2 英語(ABC 順)

本書掲載の「ことわざ」の一例

日本語) 口は災いの元。物言えば唇寒し秋の風。雉も鳴かずばうたれまい。
英語) Out of the mouth comes evil. 凶事が口から出る。/Least said, soonest mended.難しい状況(諍いや意見の不一致)は討論しない方が一番早く治まる。/A fish wouldn’t get caught if it kept its mouth shut.魚も口を閉じていれば捕らえられない。
フランス語) Le mal sort de la bouche. 邪悪は口から出る。/Trop parler nuit. 話過ぎると害になる。/Il est bon de parler, et meilleur de se taire.話すのは良いが、黙ってる方がもっと良い。
ドイツ語) Der Mund ist die Wurzel allen Unglücks. 口はすべての悪事の根源である。/Rede wenig, aber wahr, vieles Reden bringt Gefar.寡言であれ、だが真実語れ。多言は危険をもたらす。
イタリア語) In bocca non paga gabella. 閉じている口に蠅は入らない。
スペイン語) En boca cerrada no entra mosca. 閉じている口に蠅は入らない。/El poco hablar es oro y el mucho hablar es lodo. 多言は泥、寡言は金。/Por la boca muere el pez. 口の為に魚は死ぬ。/El pez que busca el anzuelo, busca su duelo. 餌をさがしている魚は決闘を求めている。

ご注文


Copyright (c)2017 Keibunsha Co. All Rights Reserved.
画像や書誌データは宣伝・紹介等にお使いいただく場合、転載自由です。
E-mail:info@keibunsha.jp